肌潤いUPにおすすめのサプリはこれだ!

肌潤い サプリ

紫外線やエアコンの風にさらされ、そろそろお肌の乾燥が気になるころです。化粧水やパックなど対策している方にも、肌が弱くてケアしずらい方にもおすすめなのが、内側からのケア。肌潤いをUPさせてくれる専用サプリなら、どんな肌質の方でも必要な成分を摂ることができます。年齢にともなって、肌からの浸透を感じにくくなった方にも。

 

当サイトでは、肌潤いにおすすめのサプリをご紹介しています。なかでも、ヒアルロン酸Naをつかったサプリがイチ押し!肌の水分保持や乾燥を緩和する機能があることが、実験結果からも分かっているから。本格的な乾燥の時期までに、お肌を元の状態にもどしておきませんか。

 

モイストフュージョンの特徴

W肌潤い成分でぷるんと嬉しいサプリです。乾燥を感じる肌は、バリア機能が低下している証拠。与えた潤いを逃がさない外側対策と、内側にしっかり潤いを与える内側対策でお肌をぷるぷるに。1日めやす2カプセルに、米由来セラミド1,200rと低分子ヒアルロン酸Na125rを配合。加齢による減少を補います。全身の健康美に欠かせない亜鉛をプラス。日清食品製で安心のサプリです。まずは1か月試してみて下さい。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 1日めやす2カプセル W潤い成分で内側・外側対策

 

ヒアロモイスチャー240の特徴

乾燥する肌がしっかり潤うと人気のサプリ。年齢と共に減少するヒアルロン酸は肌潤いに欠かせません。だから、サプリで効率よく摂りましょう。キューピーの研究により開発された、高純度ヒアルロン酸を240r配合。また葉酸をプラスしています。1日めやす4粒は、朝夕にわけてもOK。早い方なら1か月程度で実感されています。

価格 1,780円
評価 評価4
備考 1日めやす4粒

 

FUWARIの特徴

肌潤いに嬉しい美容成分がまとめて摂れるサプリです。肌の土台を整えるプラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを配合しています。さらに抗酸化成分のアスタキサンチン、ビタミンEをプラス。1日めやす2粒で、潤いケアが完了。モニターテストでは30日以内にほとんどの人が違いを感じるという結果に。90日間返金保証が自信の表れです。

価格 980円
評価 評価3
備考 1日めやす2粒

 

すっぽん小町の特徴

コラーゲンの素となるアミノ酸がたっぷりサプリです。国産はがくれすっぽんを丸ごと使っています。だから、そのままカラダに届いて潤いUPへ。鉄や亜鉛など嬉しいミネラル、ビタミンなど女性に嬉しい成分がたっぷり詰まっています。1日めやす2粒。購入者の約91%が定期コースで申し込むところにも、その実力が表れています。配合成分の質が自慢の肌潤いサプリをどうぞ。

価格 2,721円
評価 評価2
備考 1日めやす2粒

 

ミナモアの特徴

純国産のプラセンタを配合したサプリです。肌の土台を整えるプラセンタを、1日めやす3粒に300r配合しています。栄養成分を損なわない酵素分解法で製造しているので安心。さらに、ヒアルロン酸やビタミンEなど7種の美容成分をプラス。飲みやすいソフトカプセルタイプで、気になる匂いもカット!15日間の安心返金保証もあり、始めやすくなっています。

価格 1,980円
評価 評価1
備考 1日めやす3粒

 

インナードライな肌のためのスキンケア

 

乾燥していて手触りもカサカサなのに、肌がテカってしまう。そんな経験はないでしょうか。朝きれいにメイクしたとしても、時間が経つにつれてメイクがドロドロ状態になってしまったりもします。そのようなインナードライの状態を改善していくためのスキンケアについて考えてみたいと思います。

 

近頃は間違った方法の洗顔やオイルクレンジングなどを信じてやり続けている人が多いようです。そのせいでインナードライになってしまったという人もかなり多いみたいですね。どうしてインナードライになってしまうのでしょうか。そして正しいスキンケアというのはいったいどのようなものなのでしょうか。インナードライの肌は次のような症状が顕著にあらわれているようです。

 

@ 肌がテカっているのになぜかつっぱってしまう。
A 朝にメイクをしたとしても、お昼頃になるとテカテカになってしまう。
B 自分の肌質は分からないけれども、なぜかシミが出来やすくなってしまった。
C コットンパックを始めた直後からすぐに肌が突っ張ってしまう。
D 乳液をどんなにたくさんつけても肌の奥の方まで浸透している気がしない。
E 洗顔したすつ後は肌がつっぱってしまい、口の周りがカサカサしてくる。
F 全体的に肌の奥の方からとても乾いたような感じがしてくる。
G どれほどカサカサに乾いていても、1時間も経てば何もしなくてもテカってくる。
H 洗顔直後やメイクをした後は、皮脂の量がとにかくすごく多くなる。

 

などです。これらの症状に思い当たるものがあるという人は、インナードライもしくはインナードライ予備軍である可能性があります。また紫外線が気になる時期にしっかり皮脂が出ている普通の肌であるならば、あまりシミにはならないでしょう。

 

オクラで潤う肌を手に入れよう

 

昔からネバネバしている食材を食べると元気が出てくる、そんな風に言われています。どうしてかというと納豆や山芋、オクラ等に含まれているネバネバ成分の「ムチン」には、胃粘膜の保護したり、代謝をサポートするといった働き、そしてタンパク質の吸収をサポートする働きがあるからなのです。なかでも胃腸の疲れが顕著に出てしまう夏の季節には、のど越しなめらかなネバネバ成分が滋養強壮や夏バテを防止する食材として重宝されているようです。

 

そんなムチンをたっぷり含んでいる夏野菜の代表といえば、オクラなのではないでしょうか。オクラの中に含まれているネバネバ成分の「ムチン」には、体の中の粘膜を保護してくれたり、細胞の中の水分を保持してくれるような作用があります。保水力にとても優れている「ムチン」は、目の表面部分の潤いや、肌の弾力、そしてみずみずしさなどを保っていくためにおおいに役立つのです。

 

「ムチン」にはタンパク質の吸収を促すような働きがあります。タンパク質は筋肉や臓器以外にも皮膚や髪の毛等の組織をつくるための材料となるので、美肌のために必要不可欠な栄養素だろうと言えます。オクラの中に含まれているもう一つのネバネバ成分に「ペクチン」というものがあります。「ペクチン」というのは水溶性の食物繊維であって、便秘や下痢等の症状を改善していく整腸作用の働きもあるのです。それから腸内の善玉菌を増加させて腸内環境を改善していくような働きもあります。

 

昔から肌は「腸を映す鏡」であると言われています。それほどに腸と肌の間には密接な関係があるのです。健康や美肌のために腸内環境はいつも良い状態を保ちたいですね。

 

どうせオクラを食べるのならば、出来るだけ新鮮なものを選んだ方がよいでしょう。では新鮮なオクラとはどんなものでしょうか。まず全体にわたって細かいうぶげで覆われているものがよいようです。それに加えて、角の部分がはっきりとしているものを選びましょう。色は濃い緑色がよく、黒ずんでいないものがおすすめです。サイズは出来るだけ小ぶりなものがいいでしょう。

 

ガーゼマスクの効果について

 

みなさんはガーゼマスクというものを使っていますか。ガーゼマスクというのはガーゼを重ね合わせた状態のものです。素材は綿で出来ていて、とても肌触りがやさしいものとなります。家庭で使われているマスクはこれがほとんどでしょう。でも近頃では不織布マスクというものにシェアを奪われてしまっていて、あまり見かけることはなくなったようです。ではガーゼマスクの主な特徴、そして不織布マスクとどう違うのか、そんなことを調べてみたいと思います。

 

あまり見る機会のなくなったガーゼマスクですが、不織布マスクが持っていない優れた特徴もあるようです。使うシーンを選べば非常に優れたマスクとも言えるのです。不織布マスクというのは、繊維を織ったりせず絡ませた状態の布である不織布により作られています。近頃の家庭用マスクはほとんどがこの不織布マスクのようですね。しかし決してガーゼマスクが不織布マスクより劣っているというわけではありません。保温や保湿の効果については、どうやらガーゼマスクの方が優れているようです。天然素材の綿を使っているガーゼマスクは、保湿性能という面ではとても優れているようです。喉を乾燥した空気から守ってくれるのです。ですから防寒や乾燥対策といった意味ではガーゼマスクの方がおすすめでしょう。

 

花粉対策への効果からみたらどうでしょうか。花粉を除去するという点においては、不織布マスクの方がやや有利のようです。不織布は繊維が不規則な状態に並んでいるため、花粉を除去しやすいようです。その一方、ガーゼマスクの方は乾いた状態であると、花粉の除去率は50%くらいになるようです。花粉症対策という意味ではなかなか心元ないようですね。

 

頭皮や地肌の乾燥対策について

 

頭皮や地肌が乾燥してしまうと、いろいろな頭皮トラブルを招いてしまいます。フケが出てきてしまったり、痒みが出てしまったりなどたくさんのトラブルへと発展していきます。このようなトラブルを事前に防いでいくためには、出来るだけ乾燥することのないように対策を立てておくことが重要でしょう。

 

では乾燥対策にはどういったものがあるのでしょうか。頭皮が乾燥してしまうその原因の1つに、間違った洗い方を続けているといったことが挙げられます。ただむやみに洗っているだけでは、頭皮はいつまでも乾燥したままの状態となってしまうのです。通常販売されているシャンプーというのは、洗顔料やボディソープと比べると洗浄力が強くなっているものがほとんどです。あまりにも洗浄力が強いシャンプーというのは、皮脂や角質層の細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)等の頭皮の保湿成分までも洗い流すこととなるのです。それにもうすでに乾燥している状態の頭皮にとっては刺激が強すぎますので、かぶれ等の原因となる可能性もあります。

 

おすすめしたいものは、アミノ酸系のもので界面活性剤が不使用のシャンプーでしょう。洗浄する力もマイルドであり、頭皮を痛めることがありません。頭皮が比較的乾燥しやすいという人にとっては、シャンプーの方法があまり適切ではないという方がほとんどです。頭皮というのも皮膚の一部あります。頭皮というのはデリケートのものであるということをよく覚えておきましょう。

 

洗顔する際と同様に、出来るだけ優しく洗ってあげることが重要です。中でも洗う際に爪を立ててしまうというのはよくありません。
またゴシゴシ力を入れて洗ってしまうと、頭皮の角質層が傷ついてしまい、外部の刺激から頭皮を守ってくれているバリア機能、そして頭皮の水分保持力といったものが低下していってしまうのです。

 

保湿の正しい頻度とは

 

美しい肌をキープしていくためには、肌を十分に保湿してあげることが非常に大切となります。ですがあまりにも頻繁に保湿をしていると、肌の機能がどんどん衰えていってしまって、肌トラブルへとつながっていく可能性があるのです。そうはいっても1日のうちにどれくらい保湿をしていたらいいのか、またんななタイミングで行えばよいのか、なかなか分からないだろうと思います。保湿を行うその頻度やタイミングなどを知って、トラブルのない潤いある美しい肌を作っていきましょう。

 

私たちは、とにかく肌は保湿してあげるのが一番、そう思ってしまいがちです。でも1日に何度も化粧水等で保湿してしまうというのは実はNGなのです。私たちのお肌は本来乾燥から守るためのバリア機能というものがあらかじめ備わっています。ですがあまりにも必要以上に保湿をしてしまうことによって、このバリア機能というのはだんだんと弱まっていき、きちんと機能しなくなってしまうのです。

 

要するに肌のことを考えるのであれば、あまり頻繁に肌を過保護にし過ぎてはダメだということなのです。過剰な保湿は避けて、適切なタイミングで保湿してあげることこそが、潤いたっぷりの美肌を手に入れる近道と言えるでしょう。今使っている化粧水やクリームの容器の説明に記載されている用法をしっかり守って、正しい頻度により保湿をしていきましょう。

 

保湿をしてあげるのにもっとも適切とされる時間帯は、朝と夜でしょう。朝目が覚めてまず顔を洗ったならば保湿をして、夜寝る前に化粧を落としてから洗顔をしたなら保湿をしてあげましょう。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンのそれぞれの効果

 

美肌効果のあるイメージが抜群に強い「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」。これら2つの成分というのは、肌に対していったいどのような働きをしてくれるのでしょうか。ヒアルロン酸やコラーゲン、この2つはどちらも私たちの体のいろいろな部位に存在しているものです。

 

「ヒアルロン酸」については、皮膚や軟骨、目、脳、関節液といった場所にたくさん含まれています。ゼリー状のようになっているのが大きな特徴といえるでしょう。水の分子同士をきっちり結びつけてくれる性質があります。そして、肌や目が潤った状態になるように保ってくれます。目の潤いを保ったり、関節の動きをなめらかなものにしたり、肌に潤いやハリを与えるなどといったとても素晴らしい働きをしてくれます。

 

その一方で、「コラーゲン」の方はタンパク質の一種であり、血管や腱、歯、骨、皮膚といった場所にたくさん含まれています。血管をしなやかにしてくれたり、細胞同士をきちんとつないでくれたり、臓器のサポート、さらは筋肉と骨を結んでいる腱の構成等、いろいろな働きをしてくれます。

 

皮膚においては、皮膚組織のだいたい9割以上を占めている真皮層の中で、70%(水分を除いた乾燥重量)がコラーゲンとなります。肌のハリを保っていくのに多大な影響を与えているのです。肌のハリや弾力を保ち続けるために、ヒアルロン酸とコラーゲン、この2つどちらも必要となる成分なのです。

 

でも、これらふたつの成分というのは、私たちの体の中における役割が大きく違ってくるようです。ヒアルロン酸の方は、保水力がとても高くなります。1gで6000倍の6Lもの水分を保つことが可能です。コラーゲンの方は、皮膚のおよそ40%を占めている肌の土台となります。

 

更新履歴